もどる




海と父とひつじの雑貨屋




  ひつじ実父
2015・7没

船会社を定年退職後 
海遊館の水を運ぶことが最後の仕事でした。
この写真は実の親子以上に仲の良かったひつじ亭主が
海遊館まで父親を送っていった時のもの。

私が生まれる前から船に乗っていたので
私が実家にいる間 一緒に暮らしたという記憶がほぼ無い。
海外に行くことが多い父だったので すれ違いも多かった。

この頃が一番よく接したと思う。

頑固な父と私は 会えばよくもめたので
亡くなってから 私が後悔することが多い。

父親の仕事にも 生前 私は一切関心を示さなかった。
海は好きだったけど。

唯一
ひつじの雑貨屋の名前を気に入ってくれていた。
ネットショップをすることも お金は出してくれなかったけど
喜んでいてくれた。

だからか ひつじの雑貨屋という名前を変えたり 
失うことが 心につまる。



  これも大切な思い出だけど

今も劣化驀進中^^;





もどる




Copyright(c) 2005-2015
HITUJINOZAKKAYA SHEE+PUU  All Right Reserved.